パイプオルガンのある教会

当教会、自慢のパイプオルガンです。国内最大の東京芸術劇場のパイプオルガンを製作したマルク・ガルニエ社の作品です。
毎週、土曜日の礼拝には、目の前で素敵な音を奏でています。
また、演奏会も定期的に催されています。
ご興味のある方は、ぜひ聞きにおいでください。
パイプオルガン


概要

メーカー マルク・ガルニエ社/フランス
ストップ数 7
パイプ数 333本

 

詳細

1 ストップリスト
第1手鍵盤 Hauptwerk
1.GEDACKT 8′
2.PRASTANT 4′
3.SUPEROCTAV 2′
4.QUINTLEIN 1 1/2′
第2手鍵盤 Kleinwerk
5.DULCIAN 8′
6.KLEINFLOTE 4′
足鍵盤
7.BASS 8′
Zusatz
PEDALKOPPEL HW/Ped
MANUALKOPPEL HW/KW
調律法 バロック プレグレッシブ
T98 (98台目)
パイプ総数 333本
2 製作・組立 Marc Garnier Orgue (フランス)
Gerald
Jerome
Matthieu Garnier
中山 航介
3 整音者 Marc Garnier
4 完成年月 2003年11月

 

マルク・ガルニエについて

フランス・アルザス出身。15歳でパイプオルガンの音とその響き、またメカニズムに感動。オルガン建造をストラスブールのオルガン工匠ケント・シュヴェンケテル、ハンブルグの工匠R.フォン・ベッケラートに、クラビサン製作をハイデルブルグのラーナー・シュッツェに学ぶ。その美しい、澄んだ音色、デザイン、古典的な独自の建造法で、世界有数のオルガン建造家として注目を浴びている。その作品は、北ドイツ、オーストリア、オランダ、スイス、ヨルダン、アメリカに及ぶ。日本では、1983年神戸松蔭女子学院大学を皮切りに、多くの教会、ホールに建造、約70台が設置されている。最大規模では126ストップの東京芸術劇場が建造され、いずれも高い評価を受けている。フランス・オルガン建造教会名誉会長。