牧師便り

信仰とは  :  山口 豊 牧師

温かい日と寒い日が交互にやってきて、それでもやっぱり春の到来が待ち遠しい頃となりました。

昨年4月にこの教会に赴任したばかりで、多くの方には十分にご挨拶さえ済んでいないのですが、2月の人事異動により、富山教会(金沢、福井を含む)に転任することになりました。やっとこの地にも慣れてきたかなという頃でしたので、残念な気持ちもあります。

よく聞かれる質問に、どこに行きたいですか?というものがあります。私たちの教会は、日本全国に教会があり、私たち牧師はそこに派遣されるかたちで 各教会に参ります。ある方は、北海道に行ってスキーをしたいとか、沖縄に行ってきれいな海を楽しみたいとか、いろいろな希望があるかもしれません。私はあ まりそのように考えていません。今回のように東京にいたいと思っても、違う所に行くこともあるので、どこに行きたいと思うようにしていません。一つだけ心 残りは、両親と頻繁に会えなくなることだけです。

聖書の中には、神様の言葉にしたがって行先を知らずに出て行った人のことが書いてあります。それはアブラハムです。当時はアブラムという名前でした が、イスラエル民族の父と呼ばれる彼はもともと、カルデヤのウルというところに住んでいました。それはいまのイラクでメソポタミア文明の町でした。そこに いたアブラハムに神は次のように言われます。

「あなたは国を出て、親族に別れ、父の家を離れ、わたしが示す地に行きなさい。」

創世記12章1節

そして、新約聖書では次のように書かれています。

「信仰によって、アプラハムは、
受け継ぐべき地に出て行けとの召しをこうむった時、
それに従い、行く先を知らないで出て行った。」

ヘブライの信徒への手紙11章8節

もちろん知らない人から、行く先を知らない所に行けと言われたらできませんが、愛している神様からそう言われたらと思っても、実際はそう簡単ではありません。

アプラハムがそれをできたのは、神様の言葉になんでも従おうという信仰があったからです。

信仰とはまだ見ていないことを信じることです。教会にきてその信仰についてのお話を聞いてください。アプラハムの信仰を知ってください。