牧師便り

心の平和は愛によって生まれる

掲載日:2016-08-06
心の平和は愛によって生まれる

「このように、わたしたちは信仰によって義とされたのだから、わたしたちの主イエス・キリストによって神との間に平和を得ており、」

ローマの信徒への手紙5:1

山崎豊子著「『沈まぬ太陽』会長室編」で、主人公が子会社の不正追及のためのニューヨーク出張の最後に「ブロンクス動物園」を訪れます。そして、類人猿舎の中にある有 ... 続きを読む

人生を導く光

掲載日:2016-07-01
人生を導く光

「あなたの御言葉は、わたしの道の光 わたしの歩みを照らす灯。」

詩篇119:105

ある夏休み、キャンプに行きました。美しい夕焼けの後に夜のとばりが降りて辺りは暗くなりました。山間部のキャンプ場でしたので、外灯もなければ、町の灯りも届きません。木々の茂る林を通り抜けようと思いました。月明かりもこの林の中には届 ... 続きを読む

ストレス

掲載日:2016-06-01
ストレス ストレス過多の現代社会に生きる私たちは、常に心身の健康状態を保つ必要を感じます。 私事ですが、今から25年前、仕事から来るストレスで体調を崩したことがあります。微熱が続き、咳が止まらず、体もだるくて昼食後、ベッドで少し横になるつもりが気がつくと夕方になっていたり、常に強い疲労感を感じていました。そんな状態が数ヶ月続きましたので、病院で精密検査を受けたり、結核を疑い肺の内視鏡検査までしたのです ... 続きを読む

小さな親切、大きな恵み

掲載日:2016-05-01
小さな親切、大きな恵み

「ここに大麦のパン五つと魚二匹とを持っている少年がいます。 けれども、こんなに大勢の人では、何の役にも立たないでしょう。」

ヨハネ6:9

皆 ... 続きを読む

初心忘るべからず

掲載日:2016-04-01
初心忘るべからず この度の転勤で、6回目の引越しとなりました。東京中央教会でのインターンを皮切りに南は沖縄、北は岩手と暮らしておりますと、様々な経験をいたします。そんな中で一つの出来事をお証ししましょう。 沖縄で5年間の働きを終える一ヶ月前のことでした。私はとっても素晴らしい贈り物をいただいたのです。 教会に屋比久マカさんという、当時94歳のご婦人がおられました。沖縄は全国でも屈指の長寿県で大変お元気な ... 続きを読む

信仰とは

掲載日:2016-03-01
信仰とは
温かい日と寒い日が交互にやってきて、それでもやっぱり春の到来が待ち遠しい頃となりました。 昨年4月にこの教会に赴任したばかりで、多くの方には十分にご挨拶さえ済んでいないのですが、2月の人事異動により、富山教会(金沢、福井を含む)に転任することになりました。やっとこの地にも慣れてきたかなという頃でしたので、残念な気持ちもあります。 ... 続きを読む

雪よりも白く

掲載日:2016-02-01
雪よりも白く 暖冬と言われていた割に、年が開けてから寒い日が続き冬を実感しています。この間はしっかりとした雪が降り、電車を使う方は大変だったのではないでしょうか。 そして、奄美大島や、沖縄でも雪が降ったと話題になっていました。私たちの教会には、全寮制の高校が広島にあります。私もそこに在学中、沖縄からきた生徒たちが雪を見て喜ぶ姿を覚えています。なので沖縄で雪を見るだけでも驚きだったのではないでしょうか。 ... 続きを読む

支払われたもの 

掲載日:2016-01-01
支払われたもの  新しい年を迎えると何か自分も新しくなったような気がします。一年の計は元旦にあり、と言ったのはそういう気持ちであるのかもしれません。日が沈み、日が昇りいつもと変わりないのに、年が違うというだけで、なにか違った決心をしています。 江戸時代いろいろな支払いをためていて大晦日を過ぎてしまえばなかったものにしてもらえる、という話が落語に出てきます。そのため大晦日に支払いを催促に来た人をどうにかしてごま ... 続きを読む

 

1 2 3 4 5 6